分娩について

当院では自然分娩を基本として対応致します

自然分娩は、うむ・うまれるという本来私たちに備わった力を最大限に引き出す営みです。
母体が有する「生む力」を最大限ひきだせるよう、サポートいたします。

分娩について

当院では自然分娩が出来るよう努めております。

会陰切開について

基本的には行いませんが、裂ける度合いが大きい、色々な原因で早く赤ちゃんを娩出させたいと判断した場合のみ行います。 局所麻酔を使用します。
抜糸は縫合に吸収糸を使用いたしますので通常は行いません。

立ち会い分娩について

陣痛室では、ご主人やご家族と一緒にリラックスした状態でお過ごし頂けます。 分娩室に移動してからは、ご主人が立ち会う事ができます。あるいはご希望の方に立ち会っていただけます。

カンガルーケアについて

カンガルーケアについて
カンガルーケアとは、赤ちゃんをお母さんの胸の間だに直接肌と肌を触れあいながら抱っこする方法です。
カンガルーケアすることにより、
*赤ちゃんの体温・呼吸をが早く安定します。  
*母子の絆づくりとなり、お母さんの気持ちの安定にとても有効です。  
*母乳育児にも有効です。  

当院では、分娩後間もない赤ちゃんと1 時間程度カンガルーケアを行い、ゆったりとした時間をご家族と共に過ごして頂いています。 そのまま初回授乳も行っています。
出産後の赤ちゃんは、状態が変化しやすいため、赤ちゃんにはモニターを装着し、スタッフがきちんと観察させて頂き、安全に効果的に カンガルーケアを行って頂けるよう努めています。

バースプラン


どんなお産をしたいか、分娩前後の医療処置、お産後の赤ちゃんとの事など、自分らしいお産をするために イメージしてみませんか?出来る限りご希望に沿ったお産が行えるようお手伝い致します。

フリースタイル

今までは” 生まれる時は仰向けで産む” という考えが主流でした。
それは医師や助産師がお産を介助するのに都合のよい姿勢だったのです。 それがいつの間にか慣習となっていたのです。 しかし、赤ちゃんが生まれようとするときに仰向けになると、 赤ちゃんの" 生まれようとする力" を不利にしていると言われています。 産婦は自分と赤ちゃんに少しでも楽に感じる姿勢で出産すると赤ちゃんへの負担も少なく、お母さまは楽だと感じるのです。 赤ちゃんが” 生まれてこようとする自然の力” に逆らわず、 出産していただけるように援助しています。

帝王切開について

帝王切開になった場合、24 時間体制で法人内の応援態勢が確立しています。手術決定後30 分以内には2 名以上の 医師が来院し、手術が行われます。

柵木 充明医師(前上野産婦人科院長)
木村 敏男医師(産科専門医)
平 浩之医師(産科専門医)


新生児の搬送について


「低出生体重児」のような場合は、新生児集中治療病棟(NICU)を有する病院に転院いただくことがあります。  
(1)聖霊病院  (2)八事第二日赤病院

マタニティー教室

母乳指導

不妊治療

患者さまの声

所在地情報

上野産婦人科外観写真

上野産婦人科
〒464-0082
名古屋市千種区上野一丁目1番11号
TEL : 052-721-0321
FAX : 052-721-1208  

アクセス方法お問い合わせ

医療法人 博報会