不妊治療

不妊に悩むご夫婦の為に

不妊治療赤ちゃんが欲しいのになかなか妊娠をしないと、お一人でお悩みではありませんか?約1割のご夫婦は自然の夫婦生活では妊娠に至らず、 私たちのサポートが必要となることがあります。最良の方法を考え、丁寧にご説明をいたしますので安心してご相談ください。
妊娠を望みながら、2 年以上にわたって夫婦生活を営みながら妊娠しない状態を、一般的に不妊症と呼んでいます。

排卵因子 排卵障害
卵管因子 卵管の癒着や閉塞、狭窄による通過障害
子宮因子 着床障害。子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどが原因となります。
頸管因子 精子浸入障害。頸管粘液分泌不全、抗精子抗体などが原因となります。
男性因子 精管通過障害、性行為障害、造精機能障害など。

その人にあった適切な治療、アドバイスを致します。

検診内容

基礎体温 排卵があれば、低温期と高温期(約2 週間)があり、無排卵症や黄体機能不全症の判断に役立ちます。
ホルモン検査 採血によって、下垂体や卵巣から分泌されるホルモンの値を調べます。
超音波検査 卵胞(卵子のある袋)の大きさや子宮内膜の厚さを計測して、排卵日を予測します。
子宮筋腫や卵巣腫瘍の有無もわかります。
子宮卵管造影検査 子宮の中に造影剤を注入してX 線撮影をします。
子宮の中に異常がないか、卵管の通過性がよいかなどがわかります。
子宮頸管粘液検査 排卵が近づくと、子宮の入り口に透明な粘液が分泌されます。その量や性状から排卵を予測します。


不妊治療

★ タイミング指導
検査で特に異常が認められない場合、排卵日を予測してその日に性交渉を持つように指導します。
排卵日は基礎体温、超音波検査、頸管粘液検査、尿中のLH(黄体化ホルモン)検査などから、総合的に判断します。
★ 排卵誘発剤による治療
排卵障害がある場合、まず内服薬の排卵誘発剤(クロミフェン)を使用します。これが、無効の場合、HMG-HCG 療法を行います。
※HMG-HCG 療法とは、卵胞期(排卵前)にHCG 注射することで卵胞を育てて、卵胞が大きくなったらHCG 注射して卵を 排卵させる治療法です。
★ 人工授精( A I H )
精子減少症、頸管粘液分泌不全などの異常があったり、一定期間の治療で妊娠が成立しなかった場合に行います。 精液を洗浄濃縮して、運動良好な精子を子宮内に注入します。
★ 体外受精・胚移植( I V F – E T)
近隣または希望される実施医療機関を、紹介します。

検査で異常があれば、上記の様な治療となります。

マタニティー教室

母乳指導

不妊治療

患者さまの声

所在地情報

上野産婦人科外観写真

上野産婦人科
〒464-0082
名古屋市千種区上野一丁目1番11号
TEL : 052-721-0321
FAX : 052-721-1208  

アクセス方法お問い合わせ

医療法人 博報会